CONTENTS
宇都宮東RCについて
東ロータリークラブについての
ご紹介です。
クラブ概要
宇都宮東ロータリークラブの詳細と
活動実績のご紹介です。
会員紹介
在籍会員の事業所名簿等を
掲載してあります。
スケジュール
3ヵ月ごとの例会・行事の予定表と、
年間の予定表をご覧いただけます。

例会報告

毎週例会後に発行している会報を
インターネット上でご覧いただけます。
トピックス
クラブ奉仕活動状況を
お知らせいたします。
ロータリー文庫
ロータリーの最新情報又は、
2万点余りの資料をNetで検索。
ご意見・ご要望
皆様からのご意見・ご質問は
こちらからお願い致します。
会員専用
会員様のみの専用ログイン頁で、
パスワードの入力が必要です。

宇都宮東RCのTOPへ
宇都宮東RCについて

宇都宮東RC会長方針

2020〜2021年度 RIテーマ
Rotary opens Opportunities
『ロータリーは 機会の扉を開く』
です

旭 会長

 本年度RI会長 ホルガー・クナーク氏は、ロータリーの変革を訴えております。ロータリーは変わらなければならないし、必ず変わると言われます。ポール・ハリスが言ったように、時に革命的でなければならない。まさに今がその時だ。と言われました。

 また、私達の第2550地区森本敬三ガバナーは、この21世紀になった今まさに、紛争の絶えない地域や格差拡大による貧困、環境変化による災害やデジタル化の進展による社会構造変化に伴い ロータリーを囲む世界は大きなうねりとなって変化しているとしています。
 今、まさしく、世界は新型コロナウィルスの影響により 大きく変革せざるを得ない状況となり、宇都宮東ロータリークラブも、その対応に適切な処置を取り続ける必要に迫られています。そして、ウィズコロナ、アフターコロナの世界が今叫ばれておりますが、私たちも、対応という手段から RIテーマ『ロータリーは機会の扉を開く』のもと、これをあえて機会と捉え、ロータリーの原点を再度見据えて あるべき姿あるべき心あるべき行動を 改革して行く必要が迫られています。ロータリーの原点を見直し、森本ガバナーの言われるロータリーの5年後のあるべき姿を見定めて 価値と意味と行動を 未来に繋げる活動としてまいります。

2020-21年度方針
『誇りと感謝、そして繋ぐ新しき未来へ』
1.誇りと感謝。60年の伝統ある誇り高き宇都宮東ロータリークラブ、そして、今をお
 創りいただきました先輩ロータリアンに敬意を表し、感謝しかたちとして行きま
 す。これが活動の原点です。
2.60年は大きな節目です。今までを振り返り、未来を見つめ、新しい価値を創造する
 第一歩とします。創立60周年記念式典を和やかに成功させます。
3.クラブ会員数が、第2550地区第1位です。クラブ会員皆様がますます絆強く、一致
 団結して、事にあたる喜びを創造します。
4.幅広く世界へ、また地域へ、そして青少年へ、また、格差や貧困に悲しむ人や地域
 へ、扉を開く機会を尊重します。
5.皆様の活動によって創り上げた価値に、会員皆さんで責任を持ち、新しき未来を創
 造します。
6.一つひとつの委員会や活動の価値を再認識し、全員の会員皆さんと共に さわやかで
 おおらかに、そして美しく 喜びあふれる宇都宮東ロータリークラブを目指します。

 元気で明るい素晴らしい宇都宮東ロータリークラブを皆様と共に創り上げて行く事をお誓い申し上げ、会長方針、計画とさせていただきます。


会長 渡邉 有規


宇都宮東RCについて

私達のクラブは、1961年に宇都宮市で2番目に出来たクラブで2010年には創立50周年記念事業を行いました。
郷土の産土神ニ荒山神社から東側をテリトリーとした下町のクラブで開放的で和気あいあいの雰囲気を特長としております。
120名の会員と50年の伝統も相俟って活発に活動しています。過去3名のガバナーを輩出し、活発なクラブ運営を行っております。
宇都宮市は人口52万人の都市で、世界の日光の玄関口にあたる処で、例会場のホテルニューイタヤもJR宇都宮駅近くにありますので、ぜひメーキャップにお出掛け下さい。


ロータリーの誕生とその成長
今から110年以上前の1905年、そのころ経済恐慌で人心の荒れすさんでいたアメリカ社会、特にシカゴの状態を憂えた、青年弁護士ポール・P・ハリスが、3人の友人と語らって、2月23日第一回の会合を開いたのが、ロータリークラブの誕生です。
ロータリーとは、会員が持ち回りで順番に、集会を各自の事務所で開いたことから名づけられました。このクラブは着実に成長し、現在201の国家に広められ、クラブ数34,558、会員総数は1,220,115人(2014年10月末現在・公式誌による)に達しています。これらクラブをメンバーとして国際ロータリーが構成されています。

-- 四つのテスト --
言行はこれに照らしてから
1.真実かどうか
2.みんなに公平か
3.好意と友情を深めるか
4.みんなのためになるかどうか


日本のロータリー米山梅吉氏
わが国のロータリークラブは1920(大正9)年10月20日、当時三井銀行の重役であった米山梅吉氏が、初めて東京にこれを設立し、翌21年4月1日、世界で855番目のクラブとして加盟承認されました。その後第2次世界大戦のため、一時国際ロータリーから脱退するのやむなきに至ったこともありましたが、その間もよくロータリー精神を堅持して会合に努め、その神髄と組織を維持し、戦後国際ロータリーに復帰するや、ますます発展、現在では北は北海道、南は沖縄まで、クラブ数2,263、会員数89,025人(2016年12月末現在)に達し、なおすべての都市全ての町にその理想の翼を広げる努力を続けております。会員は地域内の理想に燃える堅実な実業家、専門職業人の中から定款により、1業種1人を選び、週1回のクラブ例会出席によって、各種職域人の交友を通じて地域社会へのより多くの奉仕の機会を得ようとはかっております。

| HOME | 宇都宮東RCについて | 例会報告 | スケジュール | クラブ概要 | E-MAIL |